健康経営を始めよう

富士商工会議所では、少子高齢化により労働人口が減少する昨今、労働力の維持確保がますます重要となるなか、企業の更なる発展を目指すためには、「健康経営」への取り組みが必要と考え、その普及啓蒙・実践のお手伝いを行っております。

健康経営とは?

「会社の元気は、従業員の健康から」という観点から、社員の健康を重要な経営資源と捉え、健康増進に積極的に取り組む企業経営スタイルのことです。

 

健康経営のメリット

  • 生産性の向上(モチベーションの向上、欠勤率の低下、業務効率の向上)
  • 負担軽減(疾病予防による疾病・手当の支払い現象、長期的には健康保険料負担の抑制)
  • イメージアップ(企業ブランド価値の向上、社内的・対外的イメージの向上、業務効率の向上)
  • リスクマネジメント(事故・不祥事の予防、労災発生の予防、社内コミュニケ―ションの向上)

 

ふじのくに健康事業所エントリーとは?

静岡県の健康寿命の更なる延伸を目指し、個人の健康づくりや事業所の「健康経営」の取組を後押しするため、企業や事業所が、従業員の健康管理や維持・増進のための具体的な取組目標を宣言しその取組を県が支援する制度です。

富士商工会議所では、企業が「ふじのくに健康宣言事業所」にエントリーすることが、健康経営に向けた取り組みの第一歩として最適であるという認識のもと、その普及啓蒙を行い、会員企業の生産性向上を目指します。

 

どうやってエントリーするの?

エントリーは協会けんぽ加入事業所であるか、健康保険組合・共済組合等の加入事業所であるかによりエントリールートが異なります。

下記に、エントリーの流れや制度についてのご案内とエントリーシート等がございますので、該当するものをダウンロードしてご確認ください。