【公募中】小規模事業者持続化補助金のご案内

新規顧客獲得(販路開拓)をお考えの小規模事業者の皆様へ
補助金を活用して新たな顧客を獲得しませんか

小規模事業者持続化補助金

《対象となる取組の例》
①広告宣伝
・新たな顧客層の取込を狙い、チラシを作成・配布
・店舗の認知度向上を目的とした看板の設置
②集客力を高めるための店舗改装
・幅広い年代層の集客を図るための店舗のデザイン化
③商談会・展示会への出展
・新たな販路を求め、国内外の展示会へ出展
④新たな商品・サービス提供のための製造機器の導入・試作開発
・3Dプリンターを導入し、新商品の開発
・原材料を購入して新製品・商品の試作開発
⑤ITを活用した広報や業務効率化
・ホームページの開設やネット販売システムの構築、管理システムの導入 など

《対象経費科目》
機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、設備処分費、委託費、外注費

対 象 者
◆商業・サービス業(宿泊業・娯楽業以外):常時使用する従業員の数  5人以下
◆サービス業のうち宿泊業・娯楽業    :常時使用する従業員の数 20人以下
◆製造業その他             :常時使用する従業員の数 20人以下

補助金額・補助率
①一般型:補助金上限    50万円(補助率2/3)
②コロナ特別対応型:補助金上限 100万円(補助率2/3~3/4)

※コロナ特別対応型は、補助対象経費の6分の1以上を以下(A・B・C)のいずれかの要件に合致する投資を行う場合、対象となります。
A:サプライチェーンの毀損への対応
B:非対面型ビジネスモデルへの転換
C:テレワーク環境の整備
※申請条件により補助金上限が更に上乗せされる場合があります。詳細は公募要領をご覧ください。

申請締切
①一般型:第4次公募締切 2021年 2月5日(金)【当日消印有効】
※第5次以降の案内は、2021年以降に発表されます。

②コロナ特別対応型:第5次公募締切 2020年12月2日(金)【必着】
※コロナ特別対応型は、第5次公募締切が最終受付になります。

応募方法
応募にあたっては、必ず公募要領をご覧いただき、ご提出下さい。

申請書類は下記サイトからダウンロードして下さい。

持続化補助金 一般型 https://r1.jizokukahojokin.info/

コロナ特別型 https://r2.jizokukahojokin.info/corona/

※一般型の申請には、商工会議所が発行する「事業支援計画書(様式4)」が必要です。締切間際は、問合せ・相談が集中する傾向にありますので、お早めに書類作成の上、ご持参ください。

※持続化補助金と合わせて、事業再開枠の申請も可能です。申請される方は、上記サイトをご確認よろしくお願いします。

 

問合せ先
富士商工会議所 経営相談課 TEL:0545-52-0995